鬼安 wimax 評判

ギガ鬼安こと月額割引キャンペーンがWiMAXで評判なワケは?

ギガ鬼安キャンペーンこと月額割引キャンペーンが、WiMAXサービスの中でも評判なワケについてご紹介します。

ギガ鬼安こと月額割引キャンペーンがWiMAXで評判なワケは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


月額割引キャンペーンの評判はどれほど?

月額料金が業界最安値と言う事で、非常に評判だったGMOとくとくBB WiMAX 2+のギガ鬼安キャンペーン
そんなギガ鬼安キャンペーンですが、月額割引キャンペーンと言う名称に変わり、キャンペーンサイトも一新されました。

とは言っても、キャンペーン内容は基本的にギガ鬼安キャンペーンと変わらず、業界最安値で、回線工事不要のWiMAXサービスを利用する事が出来ます。
そんなギガ鬼安キャンペーンの頃の評判はそのまま、圧倒的にお得な月額割引キャンペーンについてご紹介します。

月額割引キャンペーンの評判と言えば、何と言っても月額料金が安いと言う部分にあります。
と言うのも、わずか2,760円で利便性の高いWiMAXサービスを利用出来るからです。

冒頭でご紹介したように、この月額料金は業界最安値となります。
しかも、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンでギガ放題プランを選択した場合であっても、他のプロバイダのライトプランよりも安い月額料金となります。

ギガ放題プランとライトプラン

実際に、UQ WiMAXの月額料金GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンの月額料金を比較してみましょう。

UQ WiMAXとGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金比較(FLATツープラス・ライトプラン)
ご利用期間 UQ WiMAX GMOとくとくBB WiMAX 2+
端末お受取り月 3,696円(日割額) 無料
1ヵ月目から2ヵ月目 3,696円 2,760円
3ヵ月目から24ヵ月目
25ヵ月目以降 3,609円
UQ WiMAXとGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金比較(FLATツープラス ギガ放題プラン)
ご利用期間 UQ WiMAX GMOとくとくBB WiMAX 2+
端末お受取り月 3,696円(日割額) 無料
1ヵ月目から2ヵ月目 3,696円 2,760円
3ヵ月目から24ヵ月目 4,380円 3,414円
25ヵ月目以降 4,263円

UQ WiMAX:http://www.uqwimax.jp/
GMOとくとくBB WiMAX 2+:http://gmobb.jp/

月額料金が安い上に、速度制限は厳しくない。
これで評判にならない方がおかしな話です。

また、月額割引キャンペーンはキャッシュバックキャンペーンとは違い、面倒な手続きが不要です。
そこも、月額割引キャンペーンが評判な理由の一つとなっています。

面倒な手続き不要

他にも、月額割引キャンペーンの評判には、以下のものがあります。

  • 契約初月の月額料金が無料に。
  • 20,000円するWiMAX端末代が無料に。
  • auのスマートフォンやケータイの月額料金が最大934円分安くなる
  • 20日以内ならキャンセル可能

ご紹介したGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンですが、下記キャンペーンサイトから申し込みを行った方がキャンペーン対象者となります。
違うページから申し込みを行った為、キャンペーン特典が適用されなかったと言う口コミサイトの事例もあります。
そう言う失敗にお気を付け下さい。

>>月額割引キャンペーンの申し込みはこちらから

ギガ放題プランと通常プラン、どちらがお勧め?

冒頭で触れましたので、ギガ放題プランとライトプランの違いについて説明をしておきたいと思います。
両プランの大きな違いは、月額料金速度制限の規制具合の2点です。

ギガ放題プランとライトプランの月額料金ですが、最初の3ヵ月間の月額料金は同じものの、その後、ギガ放題プランの方が月額654円分高くなります。
その代わり、ギガ放題プランの速度制限は、ライトプランよりも規制が緩いです。

たっぷりとインターネットが出来る

ライトプランに適用される速度制限には、以下の2種類があります。

月間のデータ利用量による速度制限
WiMAX 2+とau 4G LTEの合計通信量が1ヵ月間に7GB以上になった場合、月末までの通信速度が128Kbpsに制限されます。
混雑回避のための速度制限
WiMAX 2+とau 4G LTEの合計通信量が直近3日間で3GB以上になった場合、昼から翌日の昼までの通信速度が動画を観れる程度に制限されます。

ギガ放題プランで申し込んだ場合、月間のデータ利用量による速度制限が緩和されます。
具体的には、月間のデータ利用量による速度制限の通信量の計算から、WiMAX 2+を使用した分の通信量が免除になります。
ですから、WiMAX 2+通信のみを使用するハイスピードモードを使用する分には、速度制限を気にしなくても良くなる訳です。

たっぷりとインターネットが出来る

ただし、混雑回避のための速度制限に関しては、ハイスピードモードであっても速度制限の対象となります。
とは言え、他のモバイルインターネットサービスの場合は、3日間で1GB以上の通信を行っただけで速度制限の対象となります。
そう考えれば、3日間で3GBも通信出来るのは、それなりに余裕があります。

また、万が一混雑回避のための速度制限に掛かってしまった場合であっても、動画を観れる程度の通信速度は残ります。
ですから、通常使用上、困るほど厳しい速度制限ではありません。
他のモバイルインターネットサービスのように、128Kbpsにまで通信速度が落ちる心配はありません。

つまり、ギガ放題プランであれば、たった654円多めに月額料金を支払うだけで、速度制限に囚われずにインターネットを楽しむ事が出来るようになります。
ですので、ライトプランよりもギガ放題プランの方が評判は良いです。

各料金プランの通信モードに適用される速度制限
料金プラン 速度制限 ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
ライトプラン 月間のデータ利用量による速度制限 対象
混雑回避のための速度制限 対象
ギガ放題プラン 月間のデータ利用量による速度制限 対象外 対象
混雑回避のための速度制限 対象

金額だけで言えば、キャッシュバックキャンペーンの方がお得!?

冒頭で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンの評判についてご紹介しました。
ちなみに、GMOとくとくBB WiMAX 2+はキャッシュバックキャンペーンも評判です。
と言うのも、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックは、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンとなっているからです。

業界最高額の現金キャッシュバック

そうなると気になるのが、月額割引キャンペーンとキャッシュバックキャンペーン、どちらがお得なのかと言う点でしょう。
金額的な話だけで言うのならば、実は、キャッシュバックキャンペーンの方がお得です。

と言うのも、月額割引キャンペーンで割引きになる分の金額よりも、キャッシュバックキャンペーンのキャッシュバック額の方が高額だからです。
更に、キャッシュバックキャンペーンの場合、WiMAX端末はクレードルセットが無料で貰えます。
一方、月額割引キャンペーンの場合、WiMAX端末のクレードルは別売り扱いになります。

WiMAX端末のクレードルセットが無料に

そう言う総合的な観点からも、月額割引キャンペーンよりキャッシュバックキャンペーンの方がお得感があるのです。

但し、キャッシュバックキャンペーンの場合、貰い損ねてしまうリスクがあります。
と言うのも、キャッシュバックを受け取る為には、銀行口座の登録手続きが必要となるのです。
その過程において、手続き忘れや口座番号の間違いなど、キャッシュバックを受け取れる権利が失効してしまう原因がいくつかあります。

キャッシュバックの貰い損ね

実際、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンの評判からは、キャッシュバックを受け取れなかった方の批判的な口コミが見受けられます。
とは言え、きちんと手順を踏んでいれば、キャッシュバックは確実に受け取る事が出来ます。

要するに、しっかりと手続きを行う自信のある方は、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンを選択すれば良いと言う事になります。
一方で、手続きに自信が無い方は、月額割引キャンペーンの方を選択しておく方が無難です。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンはこちら↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーン

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンはこちら↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBB WiMAX 2+とRacoupon WiMAX、どちらがお勧め?

月額料金の安いGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーン。
対して、月額料金の安いWiMAXのプロバイダと言えば、Racoupon WiMAXも有名です。
となると気になって来るのが、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンとRacoupon WiMAXのどちらがお得なのかと言う部分でしょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンとRacoupon WiMAX、どっちがお得?

単純に月額料金を比較するだけなら、Racoupon WiMAXの方が若干安いです。
月額料金はRacoupon WiMAXの方が安いものの、契約初月から月額料金が掛かってしまう為、総合的な差はわずかなものになります。

また、Racoupon WiMAXはauスマートバリューmineに非対応です。
ですから、auユーザーの方であれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金キャンペーンの方が結果的に安くなります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+ならばauの月額料金が安くなる

では、auと契約していない方はRacoupon WiMAXの方がお得なのかと言うと、そう単純な話にはなりません。
その際に注目すべきは、ユーザーサポートの対応です。

Racoupon WiMAXの電話対応は、平日の10時から18時までしか対応していません。
一方、GMOとくとくBB WiMAX 2+であれば、年中無休の10時から19時まで対応しています。

ユーザーサポートの対応

WiMAXの契約期間は、最短でも25ヵ月間あります。
その間、しっかりしたサポート対応を受けれないと不満が募ります。
平日の定時しかサポートセンターが利用出来ない状況で、あなたは安心出来ますでしょうか?

契約から20日以内ならキャンセル可能!?

WiMAXサービスの契約期間は最短でも25ヵ月間あるとご紹介しました。
ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+であれば、20日以内のキャンセル保証制度が付いています。

安心の保証制度

WiMAXサービスの契約期間中に解約手続きを行なうと、契約解除料と言う名の違約金を請求されてしまいます。
ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+であれば、契約20日以内でのキャンセルに伴う契約解除料が無料になるのです。

ちなみに、この保証制度を利用する為の条件として、ピンポイントエリア判定の結果が「○」である必要があります。
ですので、事前に確認をしておきましょう。

この20日以内のキャンセル保証制度ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+オリジナルの保証制度です。
ですから、他のプロバイダでWiMAXサービスを契約した場合は付いて来ません。
つまり、他のプロバイダでWiMAXサービスの解約手続きを行った場合は、下記契約解除料を取られてしまいます。

  • 端末受取り月、契約1ヵ月目から12ヵ月目:19,000円
  • 契約13ヵ月目から24ヵ月目:14,000円
  • 契約25ヵ月目以降:9,500円

ご紹介した20日以内のキャンセル保証制度は評判の安心感ある保証制度ですし、WiMAXサービスの導入に不安感のある方にとって、とてもありがたい制度となります。
いざと言う時のリスクを抑える事が出来ますから、不安感のある方こそ、GMOとくとくBB WiMAX 2+で申し込みを行いましょう。

↓安心で評判のGMOとくとくBB WiMAX 2+はこちら↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーン

auのスマートフォンやケータイの月額料金が安くなる!

冒頭でも少しご紹介しましたが、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンを利用する事で、auのスマートフォンやケータイの月額料金が最大934円分安くなります。

auのスマートフォンやケータイが割引き価格に

auスマートバリューmineと言う割引きキャンペーン特典を利用する訳なのですが、利用する際は以下の手続きが必要となります。

  1. GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンサイトにて、WiMAXサービスの申し込みを行なう。
  2. WiMAX端末が手元に郵送されて来る。
  3. GMOとくとくBBのBB Naviにログインして、スマホ割の申請を行なう。
  4. auショップの店舗に足を運ぶか、KDDIお客さまセンターへ電話をし、auスマートバリューmineの申し込みを行なう。

auスマートバリューmine

手続き上の注意点としては、WiMAX端末に割り振られた電話番号の申告が必要となります。
ですので、手元にWiMAX端末がある状態で手続きを行いましょう。

auの手続き処理が完了すると、24ヵ月間のauの月額料金が割引きされます。
割引き額は、auで契約中のパケットプランに応じて500円から934円の間で割引きされます。

auの月額料金が24ヵ月間安くなる

auの月額料金が安くなる事で、全体の通信費を節約する事が出来ます。
せっかくのお得なキャンペーン特典ですから、有効活用しましょう。

また、現時点でauのスマートフォンやケータイを契約していない方であっても、後ほどauと契約を行った際には、auスマートバリューmineの利用は出来ます。
ですので、自分には関係ないと思わずに、選択肢の一つとして考えておくのも良いでしょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+ならばWiMAX端末代が無料に!

既に前述していますが、GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なうと、WiMAX端末を無料で貰う事が出来ます。鬼安こと月額割引キャンペーンを行なうGMO WiMAXの評判は?より)
WiMAX端末は通常価格で20,000円もするのですが、契約時にそれだけの金額を請求されるのは負担が大きいです。
ですから、無料で貰えると言うのは、非常にメリットが大きいです。

WiMAX端末代が無料に!?

実際、口コミサイトでもこの部分に対する評判は良いです。
と言うのも、WiMAXサービス大元であるUQ WiMAXの場合は、WiMAX端末代が割引きにはなるものの、無料ではありません。
ですから、WiMAX端末代が無料扱いになっているGMOとくとくBB WiMAX 2+が評判なのです。

無料対象になっているWiMAX端末は、以下の通りです。

月額割引キャンペーンで無料になるWiMAX端末
機種 特徴
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)
4×4MIMOにより下り最大通信速度が220Mbpsに。
Bluetooth対応で電力消費を抑えた通信が可能。
Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)
キャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が220Mbpsに。
au 4G LTEにより人口カバー率99%の通信エリアに対応。
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)
3波キャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbpsに。
NFCタッチ対応のAndroid端末であれば、簡単にWi-Fi設定が可能。
URoad-Home2+
URoad-Home2+
ノーリミットモードに対応し、速度制限を気にせずインターネットが可能。
Wi-Fiで16台、有線通信で2台の同時通信が可能。

それぞれの特徴を考慮しつつ、ご自身の希望に合ったWiMAX端末を選択しましょう。

月額割引キャンペーンの申し込みはこちら
GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOとくとくBB WiMAX 2+

訪問者数
SNSボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加

follow us in feedly

RSSを購読

RSS Feed RSS - 投稿

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。